自殺を止める説得が空虚な理由

必死で自殺を止めようとして泣いてくれた女性がいました




そのとき、俺は自分のことしか考えられない未熟者で




なんでこの人は泣いているんだろう



と本気で思っていました











自殺を止めようと必死で説得してしてくれた医師がいました




やっぱり自分のことしか考えてない自分には




まったく心に響きませんでした










親以外で俺のために泣いてくれる人が、今いるだろうか





医者も入院させて、薬漬けにすりゃいいだけだろうに







今思えば2人ともいい人だったんだな











で、タイトルにあるように



自殺を止める説得が空虚な理由



について書こうとしたけれど







なんか上の2人否定してしまう気がして



今日は書けそうにありません







最近よく昔のことを思い出します



おっさんになったのかな









思い出してたら書こうとしてたことが冷めてしまいました









今でも未熟で自分のことしか考えられないけど




ちゃんと覚えてるよ




あのときの言葉

コメント