東京電力との闘い

無職になって2ヶ月

今直面している問題は金欠で電気代が払えないということだ



俺クラスのダメ人間が電気を止められてこなかったわけがない

もちろん一度や二度じゃない



都内だから東京電力だ


以前は止められると

お金払ったあと

家まで来て手動での通電だった

 
通電するまで時間がかかった
 
 

いつのまにかコンピューター管理になって

すぐに電気を通してもらえるようになった

だから、止められても怖くない








お金を払えれば






土日は止められることはないから安心して過ごせる


経験上、危険なのは月曜日と金曜日だ






昔は3ヶ月滞納すると、止まってた

逆に言えば3ヶ月は滞納できた


震災の原発事故後、経営が苦しくなったのか

いきなり、電気を止めて、滞納してる分全部払わなければ通電しませんとか言ってきた




それ以来滞納を3ヶ月から2ヶ月に変えた

2ヶ月なら止まらないし、全額払えと言われてもなんとかなるだろう






結局滞納してしまう俺






震災のとき、たまたま福島の実家にいた

電気、ガス、水道が止まっても、あんまり動じることはなかった





若い頃は貧乏で

それらを止められるのは

日常茶飯事だったし



こういうときどう行動すればいいか知っていた




さすがに放射性物質には参ったけれど





でも自分の地域は運良く結構すぐに電気が復旧した

福島の管轄は東北電力だから


東北電力は頑張ってくれたと思う






でも、東京電力

てめえは・・・





いろいろ撒き散らした上に


震災後、しれっと電気代値上げしやがって





東京電力の社員は震災後も

相変わらず高い給料やボーナスを享受し

東京でぬくぬくと生活していると想像してしまう




けど、きっと大変だったんだと信じたい




誰かが悪いわけじゃない








そんなことより



お金どうしよう

コメント