20代の頃もなかなかのクズだった

俺の20代もなかなかのクズっぷりだった




大学時代留年を繰り返し、卒業する頃には26歳

卒業後ニート

その後親の援助が打ち切られ、無職、生活保護




もう20代の時点で閉塞感たっぷり





周りのみんなが

就職した
給料が上がった
ボーナスが出た


と言ってる時俺は

金ない
パチンコで2倍にしよう
明日から食べるものすらなくなった


とか


周りのみんなが

彼女ができた
結婚した
子供が産まれた


その時の俺は

孤独
誰でもいいから話したい
幻聴と会話しだした



みんな

仕事にやりがいを見出す
昇進
条件の良い会社に転職した




死にたい
ドアノブじゃ無理だった
このまま永遠に目を覚まさなきゃいいのに



周りのみんな

ディズニーランド

海外






こんな世界など・・・

滅んでしまえば・・・

いい・・・




こんな感じだった



きっと就職した人も結婚した人もいいことばかりじゃなかったと思う


でも、俺だって悪いことばかりじゃなかった



あの頃はまだパチンコに夢を見れた時代だったし

1日で6桁勝つことも1度や2度じゃなかった





1日で普通の人の月給分稼いじゃったり

20代で生活保護貰ったりしたら



もうまともに働く気がなくなるね





でも、夢があった


ドラマに出てくるような小綺麗なオフィスで働きたいと



30歳になって

何故か夢が叶った


恵比寿ガーデンプレイスタワーのオフィスで働くことになった

しかも30階より上のほう



え?俺こんなところで働いていいの?って感じだった

給料も悪くなかったし、昇給もした

なにより真人間になれた気がしてうれしかった


このままずっとここで働いていくんだと思ってた




ところが

ある日

突然左脚が痛み出し

日常生活すらまともに送れなくなった


そして





また無職になっちゃった

てへっ

コメント