アウトレイジが男の世界だった

昨日もちょろっと言ったけど、DVD借りてアウトレイジ3部作見てみたよ
アウトレイジ
アウトレイジビヨンド
アウトレイジ最終章
今は人を殴ったこともない人がエンターテイメントの作品つくってる時代だけど

ちゃんと暴力してた
おれ、毎日何のために生きてるんだろうって思ってるから
映画の憂鬱感がとてもフィットした
そこに暴力が混ざり合うとたまらない気持ち良さを感じる


登場人物死にまくりだね

しかもあっさり


でも、それが懐かしく感じた

人の死を過剰な演出で感動させようとするのはお腹いっぱいだしね






人の表情もいい

笑ってたと思ったら、いきなり真顔になって、その後怒鳴りだす


これには吹き出してしまう

怒号も心地いいし





ラストは、予想通りだった

9割の人が予想できたんじゃないかな

いや、今回こそ、違うんじゃないかなとかちょっと疑ったけど

逆にそうであって安心した





新しい映画のはずなのにすごく懐かしい気持ちになったよ

昔俺たちが胸を焦がした男の世界がまだあった



あと、たけしの棒読み感ハンパない

コメント